Off

この条件をクリアすれば保育士になれる!?3つの条件

by admin on 2015年6月20日

保育士の免許をとることが第一

保育士は「名称独占」の資格です。つまり、保育士免許を持っていないと「私は保育士です」と名乗ってはいけません。だから、保育士になるためには、保育士の免許をとることが絶対に必要なんですね。では免許を取るためには、どうするかというと、保育士養成課程のある学校で勉強するか、あるいは保育士試験にパスすること、この2つの道があります。今更学校に通う時間はない!なんて言う方は、保育士試験を目指してみてはいかがでしょうか?

1に体力、2に忍耐力

保育の仕事はやはり体力が必要、でも子供たちの笑顔のためなら頑張れる!!そう思いますよね。いまどきの保育士さんの最も大変なお仕事は、実は子供のお世話やサポートではなく、保護者の方とのやり取りなんです。保育のプロとして子育てのアドバイスを求められたり、保育について要望を言われたりすることも、日常茶飯事。中には理不尽な要求だってありますし、受け入れがたいこともあるでしょう。そんな時に上手にかわしつつ、信頼関係を築いていくために、忍耐力が必須なんです。

ピアノが弾けないんだけど大丈夫!?

保育士としては、音楽の技能も必要ですね。学校では音楽の授業がありますから、しっかり勉強することができるはず。では、試験はどうかというと、もちろん音楽分野の出題もあり、実技試験もありますが、実は音楽を選択しなくても合格できちゃうのが保育士試験なんです。その代りにお話と絵画の試験を受けましょう。ちなみに音楽の試験は、ピアノじゃなくてもギターでも受験することができますし、必要であれば、保育士さんになってから音楽の勉強をするのでも遅くはありません。

保育園に勤める場合、私立と公立があります。保育園での求人は、実習生として訪問した保育園からお誘いがくる場合もありますが、公立では市や区のウェブサイトで求人情報が掲載されています。

Comments are closed.