Off

エンジニア魂が問われる!技術者が新しい価値を生み出す

by admin on 2015年6月18日

エンジニアの仕事は新しい価値を生み出す仕事

エンジニアという仕事は、事務職や金融業と比較すると大きな違いがあるでしょう。それは、持っている専門的な知識やノウハウを活かして新しいものを作り出すのが仕事だという点です。技術職と呼ばれる人達は他の人がまねできないような専門的な技術を持っていて、会社組織の中でもその技術を発揮することが常に求められますが、特に、新しい製品を生み出すことが期待されているという重要な仕事だといえるはずです。技術職はその技術魂ともいえるものが期待されている存在なのです。

エンジニアの開発がその会社の将来を救う

エンジニアは一旦線製品の開発のプロジェクトが始めると過酷な日々がスタートします。生みの苦しみといえるかもしれませんが、新しい技術を導入して作り上げる製品はえてしてトラブルが付きものです。そのトラブルをいかに抑え込んで、新しいものを単なるアイデアレベルから多くの人が使える製品に変えていくのかということについて、成果が問われる仕事です。しかし、一旦そういった画期的な新製品が生まれるとその会社の将来を救うといった大きな仕事を担っているともいえるでしょう。

エンジニアの生み出したものが私達の生活を変える

エンジニアは新しい製品を生み出すことによって会社だけでなく社会に貢献したということを実感できる有意義な仕事でもあります。これまでの技術革新と各メーカーの努力によって、世の中は多くの役に立つ製品で満たされ、世界中の人達の安全で低コストで便利な生活を実現してくれました。エンジニアはこれからも技術者魂をどんどん発揮して、新しい役に立つ製品を世に送り出してくれることでしょう。技術の発展には限界がないとも言われていますので今後も期待できるはずです。

高層マンションや大規模な建造物などを建設できる技術を持っている大手建設会社のことを、ゼネコンと呼びます。

Comments are closed.