Off

落ち込まない育児!思いつめないための3つのこと

by admin on 2015年5月26日

細かいことは気にしない

生まれたての赤ちゃんは小さくてデリケートだから大事にしなきゃ、とついついママも神経質になりがちですよね。出産前よりもリビングの掃除を丁寧にしたり、赤ちゃんの洗濯物を別洗いしたりというママは結構います。でもそんな毎日が続くと睡眠不足と疲れも相まって疲れてしまいます。そんな時は思い切って家事を手抜きしましょう。赤ちゃんの為の掃除や洗濯のこだわりを捨て切れないママは、赤ちゃんとは無関係な箇所の手を抜くと負担はぐんと減ります。

夜中に時計は見ないこと

赤ちゃんがあまり寝てくれない日もありますよね。寝つきは良くても夜中に泣き出し、なかなか寝てくれない赤ちゃんもたくさんいます。夜中に起こされるとつい時計を見てしまいがちですが、夜泣きが頻繁な場合、ママは時間を確認するのはやめましょう。「あと○時間しか寝れない」と毎日がっかりするのは精神的に良くないので「睡眠時間は最低限確保できた」と思い込んでみましょう。その代わり、日中に赤ちゃんが寝ている時にママも一緒にお昼寝をします。

ほんの少しでも自分だけの時間を!

育児をしていると自分をおろそかにしてしまうことが多くありませんか?赤ちゃんの泣き声に追い立てられるような生活の中では自分の時間の確保が一番難しいです。もちろんわが子はとても可愛いのでママは踏ん張れますが、睡眠不足に疲労にストレスと重なるといつか糸は切れるものです。その前に、30分でもいいので積極的に自分だけの時間を作りましょう。赤ちゃんをパパに預けてお散歩やウォーキング、カフェで少しのティータイムもリフレッシュになりますよ。

家事の合間に主婦のパートをしたいのなら、専用の求人サイトを使ってみると良いでしょう。得意なジャンルの求人をぱっと見つけることができます。

Comments are closed.